四十九日の翌朝

うちの姉が双子。

双子の姉の方(以下、『双子姉』)には、園児の頃からのボーイフレンド的な人が居たのね。
はっきり告白したりとかは無いけど好き同士、みたいな。
でもその人、高校二年の時に死んじゃったんだ。

で、その人の四十九日の翌朝。
双子妹の方が、「昨日、双子姉のボーイフレンド君の夢をみた」って言うの。
夢の中で部屋で勉強してたらドアが開いて、双子姉のボーイフレンドが立ってて、「あ、ごめん、間違えた」って。
そんで、「お盆は間違えずに帰ってくるって伝えてくれるかな」って言って、普通に歩いて玄関から出てったって。

そんで翌年のお盆、双子姉の夢に本当に出てきたらしい。
そして、「(お盆に)三回だけ戻ってもいい?」と聞くんだそうな。

双子姉は泣きそうになりながら、「何で三回なの?嫌だよ、ずっと会いたいよ」って反抗したんだけど、「それ以上は双子姉の心残りになるから良くない。自分より良い男に出会って幸せになって欲しい」って・・・。

ただの夢といえばそれまでだけどね。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!