崖に呼ばれた子供が

五島で生まれ育った親父が子供のころの話。

友人たちと山の中で遊んでいたとき、子供がひとり石積みを蹴り倒してしまった。
それは本当に無造作に山の中にぽつりと置かれていた石積みだから、何かしら特別な意味があるものとは思わなかった。

しかし、それから程なくして、石積みを蹴倒した子供が妙なことを口走り始めた。

「呼んでる・・・」

そう言って、その子は全力で走り始めた。
彼の行く先は崖だった。

友人たちは慌てて追いかけ取り押さえようとしたが、彼は子供とは思えないすさまじい力で、なおも崖を目指して進んでいく。
いよいよこれはまずい!!と言う段になって、親父たちはその子をボコボコに殴り気絶させた。

しばらくしてその子は目が覚めると、彼はすっかり正気に戻っていた。
話を聞けば、石積みを蹴倒してすぐに崖のほうから自分を呼ぶ声が聞こえ、そこへ行かねばならないと言う衝動に駆られたらしい。

親父と友人たちは恐ろしくなって山を降り、大人たちにそのことを話した。
すると、その山はかつて平家の落人たちが隠れ住んでいたらしく、そこかしこに彼らを埋葬した塚があるとのことだ。

崖に呼ばれた子供が蹴り倒した石積みも、そんな塚のひとつだったらしい。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!