“見られてる”という気

美術としての廃墟の写真集持ってたんだけど、ある一軒家を写した写真の、その写真家のコメントが怖かった。

『普段は廃墟の写真をとっていても、変な事はあまり起きないが、この家だけは雰囲気が違って、“見られてる”という気を感じ、一刻も早く抜けないと闇に連れて行かれると思った。』

なんか、怖かった。

あと、これは違う家だけど、遺骨とか位牌とかまんま廃墟化した家に置いてあって、(位牌には平成と記されている)亡くなった人が書いた『○君(息子?)東大合格おめでとう』と書かれた紙が貼ってあって、怖かった。

親の遺骨とかそのままで、息子はどこに行ったのか・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!