気配が消える

大学時代の話です、ちなみに霊感は全くないです。

2年の後期が始まってすぐくらいかな、一日の講義が全て終わった夕方に友達と2人で学内を少し離れた所にある駐車場へ向かって歩いてました。
駐車場へは細い小道(50メートルくらい?でわりと真っすぐ)を行くんだけど、小道の片側は木々と雑草が茂っていて、反対側は崖っぽくなってて、その小道を抜けると体育館があります。

小道に入る前の場所は学内一の広場でずっと遠くまで見渡すことができます、当然人も多いです。

で、友達と並んで話しながら駐車場へ向かっていたんですが、小道へ入ってすぐくらいに、後ろから人が来ている気配がしてきました。

皆が通る道だし、後ろから人が来るのは全く不思議ではないので最初は、「あぁ誰か来たんだな」、程度でした。

すぐに気配が近づいてきたので、追い越して行くかな?と思ったんですが、追い越して行かないし、なんかすぐ真後ろにピタッとくっついてついてきてる感じがするんです。

で、凄く不愉快だし追い越させてあげようと思って、振り返ろうと思ったら、急にふっと気配がなくなってしまいました。
あれ?と思って立ち止まって振り返ったら、自分たちの後方には人っ子一人いませんでした。

広場には人がたくさんいるのが見えたけど、誰も小道へ入って来てはいなかったし、脇道も特にないから急に気味悪くなって一緒にいた友達に、今誰か後ろから来てたよね?って聞きました。

友達も、来てたし凄いくっつかれてキモかった、でも「誰もいないよね・・・・・・」って言って、2人でギャーギャー言いながらその場から逃げました。

翌日にまた小道を通ってみたんだけど、前の日に気配が消えた地点はちょうど第二次大戦の供養塔?みたいなのが建ってる小高くなってる場所の入り口のとこでした。
小道からすぐに急な石段があるんだけど、当然そこを登ってる人なんていなかったです。
一番覚えているのは、振り返った時に見た広場の景色が夕焼けで真っ赤だったこと。
それまで見たことがないくらい空とか真っ赤でなんか凄く印象に残ってる。

で、3年のときも同じ頃にまた同じ友達と同じような体験をしました。
やっぱり夕焼けがすごかったです。

で、また4年の時も同じ頃に同じ友達と同じ体験をしました。
やっぱり夕焼けがすごかったです。

不思議なのは、3度も同じ目に遭いながら、そのときは前に同じ事あったなってピンと来ないこと。
いつも立ち止まって振り返ろうとしたら気配が消える、で、立ち止まる場所は同じ地点。
そんでいつも、「あ!またか!」ってなってめちゃくちゃ怖くなった。

もう卒業したから大学には行くことがないし、友達とも離れてしまったからたぶんもう同じ事は起こらないと思うけど、不思議で怖い体験でした。
夕焼けみると思い出します。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!