家族経営の葬儀屋

あまり怖くないけどゾッとしてしまった話。

家族経営の葬儀屋に勤めてるんだけど、特に霊感とかないからエピソードはない。
ただ今の葬儀屋に新しく入ってきた事務のおば様が見える人らしくて、この葬儀屋で過去に起こったこと(長男が借金で自殺したり次男が病死したり)を見事に言い当てた。

当然社長(亡くなった二人の父親)は面白くなくて、おば様に当りが強い。
でもおば様が責められてる時、必ずといっていいほど私のデスクがガタガタいいだす。

おば様いわく、葬儀屋や斎場みたいないわゆる出そうなところって、実は案外いわくやオカルトなんてほとんどなくて、例え何かいたとしても害がないやつらしい。
葬儀ができるくらいちゃんと弔われてる人達を相手にしてるわけだから、よっぽどの因果?悪いこと?をしてない限り、霊の方も無関係の葬儀屋に取りついたりしない。

まぁ現場で何かを見たり感じたりっていうのはあるかもしれないけど、それも一時的なもの。
だから霊媒体質だけど葬儀屋(しかも事務)に来たとのこと。

じゃあ私のデスクがガタガタいうのは何なんだって聞いてみたら、「貴方のデスクは長男さんのものだったみたいね。今も座ってる。私が叱られてるのを長男さんは自分が怒られてると勘違いして、お父様(社長)にいつも反論してる」とのことだった。

明日からデスクに座りづらい。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!