深夜の山道にいた

とある地方にスキーへ行った時の話です。
車で遠征したのですが、地図を見ながらこっちから行った方が近いんじゃないの?
ってことで、雪も降ってなかったので山越えルートを選択して行くことにしました。

いきなり一車線の狭い山道・・・友人がいきなり心細そうに。

「これ、完全に失敗じゃない?」
「でもまぁ、地図じゃこっちの方が近いんだよね、峠越えればすぐだよ、すぐ」

俺も失敗だったかなぁと思いつつも、雪も全くなかったし、
Uターンする場所すらなかったので山道をどんどん進んで行きました。

鬱蒼と茂る木々、全く民家すら見当たらない山道。
軽快な音楽が流れる車内とは裏腹に、俺たち二人は無言のまま深夜の山道を
ひたすら黙々と走り抜けようとしていた。

民家も見当たらないまま一時間近く走り、ようやく峠に差し掛かろうとしたその時、
「あれ、あそこに誰かいるじゃん」

友人の声に俺も人影に気付いた。

スピードを緩め近づいていくとその人影はどうやら
俺たちに向かって手を振っているように見えた。

歳の頃は30歳ぐらいだろうか、こちらに手を振り、ニコニコ笑っていた。
車を止め、その男性の横につける。
窓を「コンコン」とノックしてきたので、さすがに寒かったから全開にはせず、
声が聞こえるだけ数cmだけ開けるだけにしておいた。

「いや、まいっちゃいましたよ、そこで車が止まってしまってね、助けてもらえませんか」

何故か俺と友人は沈黙したまま。

その男性は数cm開けた窓の隙間に指を突っ込んでくる。

「開けてくださいよ、ねぇ」

ドアはロックしてあるのだが、外からガチャガチャと開けようとする音が。

「ねぇ、開けてよ」

笑ってる顔とは裏腹に、ガチャガチャとドアを開けようとする音は激しさを増していた。

「開けてよ、開けてよ、開けてよ」

さらに男性はドアを開けようと必死になっていた。

「車、今すぐ出せ!ドア開けるなよ!」

友人がそう言うと、俺は迷いなくアクセルを踏みその男性を置いたまま走り去った。

ようやく民家が見え出した時に、黙り込んでいた友人がボソリと言った。

「なぁ、気が付いてただろ、お前も。あの人、こんな真冬なのに夏服だったろ。それにさ、こんな寒いのに息も白くなかった、あれ、生きてる人じゃないよ」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!