現地人の霊

アパレル業界に就いてるんだが、中国の雇用費上昇と品質低下の為、新規生産国を開拓してバングラディシュを一つに据えることになった。
それで簡単な制作指導と現地調査、交流を含めてバングラディシュに行った時に起こった話。

ダッカとかの都心部は東京にも負けない程近代的ですごかったんだが、ちょっと外れただけでトトロ級の田舎と言うか、電気や水道も満足に通っていない様な農村が広がっている。
生産工場はそんな場所にあって最初こそ面食らったが、そういう環境は嫌いじゃないので何気に楽しみだった。

一通り現地の人達に指導し終えて談笑してたら、今日は村に泊まっていけと言う。
ホテルはバリサール近辺に取ってあったんだが、折角だし厄介になることにした。

その村は比較的裕福な感じで、家庭用ゲーム機(ちなみにPS2)を使ったゲーセンとかコンビニ風の商店があった。
外国人が来るのは結構珍しいらしく、俺の周りにわーっと集まって一種の芸能人気分を味わったわw
ちなみに全員男で女性は居なかった。

それでアラダドさん(若干仮名)の家に厄介になったんだが、彼の家族もあたたかく迎えてくれて嬉しかった。
そしてその夜のこと。

ベッドでPC弄りながらうとうとしてたら、急に人の気配がしたんだよ。
それも一人じゃなくて何十人って単位の。
上手く説明出来んのだけど、映画館なんかで人は大勢居て喋らないが息遣いや気配はあるって感覚判るかな?

その村は夜は完全に停電してて明かりはPCのモニタだけなんだが、それを振って室内を見回しても誰も居ない。
ゾクゾクっと来て、早く寝ちまおうとPCを閉じベッドに潜り込んだが気配は依然としてある。

霊の類かマジ勘弁とか思いつつ、怖いもの見たさで目を開け見回したがやっぱり何も居ない・・・。
中々眠れず何度かそれを繰り返してたら、目が慣れたのか判らんが、壁の方に白い線が横に引いている様なものが見えた。

あれなんだろ?と見てたら、それが人の目でズラーっと横一直線に並んでんの。
なんでか知らんけどそれを見たらすごく冷静になって、「よし寝よう」とすぐ寝れた。

翌朝、アラダドさんに話そうか迷ったが、要らんこと言って怖がらす必要もないかと思い黙ってたけどさ。
前日に俺が現地人に囲まれた時、アラダドさんが言ってたんだよ。

アラダドさん:「都市では珍しくないが、こういった農村だと外国人を一生見ることが出来ない人も多い。だから彼らは外国人を見ると、物見遊山で集まりひっきりなしに出身国を聞いてくるんだ、許してやってくれ」

俺が見たのが現地人の霊だとしたら、彼らも俺を見てみたかったんかね。

これが俺の唯一の霊体験っぽい話。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!