自分の髪の毛?

私はオカルト版の怖い話を見て楽しんでいました。
そして気がつけば、もう夜中の2時半。

私はさすがにもう寝るか、とも思って携帯に溜まっていたメールの返信を済ませたあと、電気を消してベッドに寝ました。

それからどれくらいたったのかわかりませんが「寒いな」と思い、しかも右足がすごく痛くて、寝る格好を変えてゴロゴロしていたら、いきなりピイン、と精神が緊張するのがわかりました。

疲れてるのかな、と思ったのですが、それにしてはおかしい。
私は以前これを体験しているなと思いました。

そう、子供の頃です。

この状態はその夜何か怖かったり苦しいことが起こるときの合図。
耳元では耳鳴りがザーザーと続きます。
そして暗いはずの部屋が妙に明るく見えるのです

心臓が、バクバクといっていました。
そして、ふと、頬に何かがスルってかすったんですね。
嫌な予感がしました。

何か、私の顔の上にいる・・・っ。

目をつぶっていましたが、とにかく何かが私の顔の上でゆらゆら動いてるのがわかりました。

早くどっか行ってくれ、と思っていた時、いきなり肩を何かにグッとつかまれ、揺り動かされました。
勿論私はパニックになりました、その力は強かった。
人間の力じゃないようなずっしりしていて疲れる、重い力でした。

そしてその揺さぶりがやむと今度は頬に、何かがスルスルと落ちてきたんですね。
髪の毛みたいな、軽いもの。

私はこわばる腕でそれをさわってみました。
確かに髪の毛みたいでした・・・ただし濡れていました。

「自分の髪の毛かもしれない」、とあの時は思ったんです。

今考えればあんなに髪の毛が濡れてることなんてありえないのに・・・。

そしてとりあえず強く引っ張ってみると、私の頭に感覚はありませんでした。
そのかわり、何かギィというような変な声がしました。

ぞっとしました・・・。

これは私の髪の毛じゃない、違う人の髪の毛?
私は反射的に目を開けてしまいました。

すると、目の前には真っ白い顔をした、黒髪の女の人がいて、私の顔をじーっと見つめていたんです。

私は驚いて、本当に驚いて声もでなかった。
あそこまではっきりとアレを見たのは初めてだったんです。

その黒髪はカーテンみたいに私の顔の周りを囲んでいました。
口をパクパクしているのですが、私は何を言ってるのかわかりません。

すると突然、女がぐるっと白目を剥いて、歯茎・・・といっても歯肉だけの口を剥き出しにして「ヒヒヒヒ」、と笑い出したんです。

それも普通の笑い方じゃないんです。
絶望みたいな笑い方で・・・。
そして私の体に圧力がかかると共に、私の寝巻きがびしょびしょになっていって、体がどんどん冷えていくのがわかりました。

「やめて!!!!!!」

私は心の中で必死に叫んで、『これは何か他のことに意識をずらさないとやばい』、そう思って私はなるべく明るい歌を口ずさみました。

子供の頃もよく、そうやって逃げていたのを思い出したんです。
そしたら、ふっと体が軽くなって、さわってみたら寝巻きもとっくに乾いていました。

携帯の時間を見てみれば、朝の4時でした。
すると突然睡魔が襲ってきて、寝てしまって・・・。

考えてみれば、うちは川沿い。
よく水場って幽霊がたまる、とか言うじゃないですか?

昔はよく、『鉄砲水などが起きて死体が流れてきた』という話もきいたことがあります。
そして起きてみれば、今日私は風邪をひいてしまいました。
ここ1年くらい風邪をひいたこともなかったのに。

寝巻きが濡れたのは汗とも考えられますが、本当に土砂降りにあったくらいの感覚だったから、そんなに汗っかきではないし、考えてみればむしろ寒かったし・・・。

一体あの人は誰だったんでしょうか?

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!