生徒が不思議な子供を見た

中学生の頃の林間学校の話を一つ。

某県O市に行くことになり、林間学校での工程を終え最後に肝試しをすることになっていた。

私のクラスは4人一組9班+担任の教師に別れ、滞在先の旅館から少し離れた山林を軽く一周してから下山してくるというような内容だった。

コース中腹付近の広場には得に何があるというわけではないのだけれど、廃棄された鉄骨と丸石と言うのかな、ドラえもんに出てくるような下2段上1段に積まれた細長い形の物が置いてあった。

既に4班が先行し、私達の順番が廻ってきたのでサクサクと順路を進めて先に挙げた広場までやってきた。

すると生徒Aが「なんかいる、石の所」と呟いたのでその先に目を向けると、丸石の上に白っぽい服を着た男の子とも女の子とも言えない顔立ちの子供が立ち、
こちらを見つめていた。

それを見た生徒BCは「きゃ!」と声を上げたが、得にどうするということもなくその場を立ち去った。

終始その幼児はこちらを見ていたが、私は不思議と怖いといった感情などは湧いてこなかった。

広場を抜けそそくさと旅館へ戻ると、何故か広間が騒がしかった。

原因は女子生徒の半数が大なり小なり声を上げ泣いていた。

私はすぐにあの事だとわかったが、敢えて担任教師に事情を尋ねてみたところ「山中でほとんどの生徒が不思議な子供を見た」との事だった。

あぁやっぱり・・・と嫌に冷静に感じていた自分を覚えてる。

翌朝朝食を終えてクラスごとに集合写真を撮り、何事もなく林間学校を終えた。

話はここまで。
つい最近卒業アルバムを見ていてこの話を思いだして投稿したんだけど、投稿にまで至った理由はそれだけじゃない

肝試しの翌朝に撮ったクラスでの集合写真なんだけど、担任教師1名を含め38人映ってた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!