屋根で遺体となって発見

昔住んでたマンションに自殺者が出た。
年のいったお婆さんだった。
手すりを乗り越えて飛び降り一階のエレベーターホールの屋根で遺体となって発見された。

オカルト系の話が好きなのもあって、その事件に自分は興味深々だった。
その遺体があった屋根を覗いたりお婆さん遺体の状態や飛び降りた場所の特定、何故自殺したかなど不謹慎ながら色々探ったりした。
繰り返している内にこれって怖い事だよなと思う様になった。

寝る時も頻繁にその事故を思い返し暗い部屋で周りをキョロキョロ。
見渡し何も居ないなと確認する様になった。

しかし怖いと感じるようになってから、自分の部屋の壁に何となく違和感を感じる様になった。
電機を消して暗くし、怖くなって周りの様子を伺った時だけ、その壁にの様子がおかしい。

布団に寝ころぶと正面に見える白い壁。
それが何か膨らんでいる様に見えるのだ。
錯覚と思い込んでいたそれは日が経つにつれてそれがだんだんその膨らみが前に出てくる。

くっきりでは無いんだけど3Dで映像を見た感じに近いかな、そしてその膨らみがちょうど人一人の大きさって事に気付いた。
多分お婆さんだってすぐに思った。

すぐその事を親に言った。
信じてもらえないと思ったけどちゃんと対策法も言ってくれた。
「もうその事を考えるのは止めとけ」と。
取り敢えず言う通りに実践して寝転んだらすぐ寝る様にした。
壁を見ないように気を付けて。

それを1ヶ月ほど続けていると恐怖も何も無くなっていた。

あれからそんな体験は無いけど恐怖って霊に伝わるんだろうなと思う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!