第六感

高校時代、部活帰りに体験した話。
俺は大雨が降ろうとも自転車通学してた体力莫迦でした。
その日も(あんまり大きな声じゃ言えないが)傘差し、iPod装着でずぶ濡れになりながら帰宅してた。

んで、帰り道に道の狭い急カーブがあるんだが、そこのカーブミラーを見たら真っ赤な傘が映ってた。
そのまま進むと出会い頭にぶつかりそうだったので、俺は歩道から車道に降りて曲がった。

でも、曲がってみたら赤い傘さした人なんかどこにもいなかった。
近くにすぐ入れるような民家も無い。
そういえば雨で視界悪いのに、やけに傘だけはっきり見えた気がする。

それだけです。
ヤマもオチも害もない心霊体験でした。

後から考えてみたんだが、その時の状態って、傘差しで視界悪く、イヤホンで音も遮断、ずぶ濡れで皮膚感覚も曖昧、感覚の大半まともに働いてなかったたんだよね。
それでも(傘さし運転経験ある人はわかると思うけど)慣れれば案外不都合なく運転できるもんなんだ。
そういうときって第六感というか、そういうものが敏感になってるのかね。
まぁ、それ以来自転車マナーには気をつけてます。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!