女人禁制の山

親戚のお姉さんから聞いた話。

数年前、お姉さんは友人2人(仮にAとBとします)とパワースポット巡りをよくやっていたそうです。
ガイドブックに載っていたり、有名なパワースポットはほとんどまわってしまい、当時は普段人があまり目を付けたりしないようなところにまで良く行っていたそうです。(本当にそのような所がパワースポットなのかと私は疑問に思いました)

そのうちの、ある山に行った時の事だそうです。
その場所はガイドブックとかに載っていないため、ネットなどで調べたりしながら向かったそうです。

ただ、一つ問題がありました。
その山というのは、女人禁制の山だったそうでした。
冬だったので、3人は帽子を被りマフラーで口元を隠して行くことにしたそうです。

山の麓に到着し、3人はその山を登り始めました。
登る道は舗装などされておらず、地元の人でもあまり立ち入ったりするような山ではないと感じたそうです。

しばらく登っていると、上から40~50歳と思われる男性が降りてきます。
すれ違うとき、男性は挨拶をしてきましたが、3人は声を出すと女性だと分かってしまうと思い、軽く会釈を返したそうです。

男性:「ちょいと待ちな・・・あんたら・・・」

男性は3人を呼び止めて、じっと見つめました。

男性:「いや、何でもないわ。気を付けてな」

そう男性に言われ、3人は軽く頭を下げたそうです。
どうやら、男性には気づかれなかったそうでした。

しばらく登って行ったところで、広めの場所で休憩をしたそうです。
お姉さんとBが座って休憩をしていると、Aが「少しその辺を見てくるね」と言って行ってしまいました。

しばらく経ってもAは帰ってきません。
心配になったお姉さんとBは2人で探す事にしました。

友Aを探しているといつの間にかBともはぐれてしまい、お姉さん1人になってしまったそうです。

ふと、背後から視線を感じて振り返ると、木の陰から5~6歳くらいの男の子が覗いていたそうです。

あれ?なぜこんなところに・・・。
などと疑問に思いながらも、お姉さんはその子供に声をかけます。

しかし、子供は返事をせずに木の陰に隠れてしまったそうです。
お姉さんは不思議に思いながら、その子供が隠れた木の裏を覗いてみました。
そこには誰もいません・・・。

そういえばさっきの子供、こんな寒いのに薄手のシャツ一枚で裸足だったような・・・。
お姉さんはそんな事を考えていると、どこからともなく数人の子供の笑い声が聞こえたそうです。

驚いて周りを見ると、何本もの木の陰から子供達が覗いていたそうです。
お姉さんは軽くパニック状態になってしまい、走り出してしまったそう。

気がつくと、山の麓で目の前に登りの時にすれ違った男性とBが居たそうです。
男性は「話は後で」と言うと、再び1人で山に入って行きました。

Bの話によると、お姉さんと2人でA探していた時に、気がつくと1人になってしまったそうで、迷うと行けないので山道の付近にいると、登りの時に会った男性が走って登ってきて、「あんたら無事か?他の2人は?」と聞いてきたため、Bは今の状況を話し、お姉さんとAを男性と一緒に探したそうです。

男性は登りでお姉さん達3人とすれ違った時に、もしかしたらと思って山を登ってきたのだそうです。
お姉さんは案外山道の近くで倒れていたそうです。
とりあえず、男性がお姉さんをおぶってBと山を降りたとのことでした。
しばらくすると、男性がAを連れて降りてきたそうです。

その後、3人はその男性から、その山についての話を聞いたそうで、3人がパワースポットととして登った山は、昔、子供がよく捨てられた山だそうです。
そして、その山に女性が入ると、母親が恋しい捨てられた子供の霊が寄って行ってしまうため、女人禁制の山になったそうなんだとか・・・。

それからは、お姉さん達3人はパワースポット巡りを止めたそうです。

立ち入り禁止となっている場所は、それなりの理由がある・・・そういったところにはなるべく近づかないように・・・と、話を聞いた時にお姉さんに言われました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!