一つ目入道

私の祖父も日露戦争に従軍したとかで、よくその当時の話を聞きました。

うろ覚えなんですが、祖父の部隊がある山中を行軍中、戦友数人とともに夜間斥候(偵察)にでたとき、前方の草むらに人が立ったかと思うと、急に見上げるほど背が伸びていき、
一つ目入道が立ちふさがったとのことでした。

斥候(せっこう)でもあるので明確に敵と分かるほかは発砲ままならず、石をその化け物に投げつけたそうですが、消えないどころか、よけい背が高くなってきたそうです。
※【斥候(せっこう】:敵軍の動静・地形などをひそかに探り監視するために、部隊から差し向ける(少数の)兵。

祖父は「化け物は後ろにいる」ものだと聞いたことがあるのを思い出し、真後ろに石を投げつけたところ、化け物は消えたそうです。

外国で”一つ目入道”がいるのか?・・・という感じですが、不思議な話です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!