三輪車を動かす悪戯が好き

子供時代の体験は、どこまでが空想・幻覚・幻聴で、どこからがリアなのか曖昧だよなあ。

俺は眠るのに2、3時間かかるほど寝つきの悪い子供で、布団に入ってからいつも天井の木目をながめていた。
そうすると木目が生き物みたいに動き出すんだ。
やがて木目をアメーバのごとく自由に動かせるようになったが、子供心にもこれは幻覚だと解かっていた。

俺はこの『幻覚遊び』が好きで、起きている時も箱から出ているテッシュをじーっと睨んでそよがせたり、テーブルの上のチラシを眼ヂカラだけで床に落としたりしていた。
四六時中息を詰めて何かを見つめている子供だったので、お袋からは「いつもボーッとして!」とよく怒られていた。
怒られて頭にくると、台所に立つお袋の後ろ姿を長々と睨みつけ、エプロンのヒモをほどいて、ささやかな仕返しをした。
そうした現象も、自分では全部偶然だと思っていたんだ。

そういう俺も小3頃からは現実世界に覚醒して、友達との野球やサッカーに熱中し始めたので、いつしか幻覚遊びをやることはなくなった。

でも今にして思うと、あれは本当にすべて幻覚だったんだろうか?と、首をひねってしまうところがある。
車で仕事から帰って来る親父は、三輪車が邪魔で車が止められないと言って、「ちゃんとどかしておいたわよ!」と言うお袋とよく口ゲンカをしていた。
その三輪車、実は俺が動かしてたんだよ。

夕方にお袋が三輪車を駐車スペースの隅にどかすのを見ると、2階に飛んで行って、廊下の窓から30分ぐらい睨み続け、じりじりと三輪車を動かす悪戯が好きだったんだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!