かすかな笑い声が届いてくる

先輩の話。

大学生の頃、友人と二人で秋の山に入った。
友人が紅葉の写真を撮るのに付き合っていたのだとか。

ある夜、どこからか楽しげな笛の音が流れてきた。
耳を澄ませば、太鼓や鈴の音も混じっていたという。
秋祭りだと思った。こんな山奥で変だとも感じたけど。
お祭り好きな二人は何となく嬉しくなり、祭り場を探して歩き出した。

テントを張った地からしばらく行くと、切り立つ崖があった。
足元の谷間で、小さいながらも活気ある祭りが仕切られていた。
距離はあったが、型抜きや金魚すくい、綿飴の屋台らしき物が確認できたそうだ。
こんな山奥で一体どこから電気を引っ張っているのか、古びた豆電球が幾つもぶら下げられていた。
かすかな笑い声が、風に乗って崖の上まで届いてくる。

しかし、先輩たちは祭り場に降りては行かなかった。
祭りの会場を賑やかす黒い影は、人型でない物が大半を占めていたのだ。

友人:「良い絵なんだけど・・・撮ったら拙いだろうな、やっぱり」

そう言ってから、友人は残念そうにカメラを引っ込めた。
しばし遠くから祭りの空気を楽しんで、テントに帰ったという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!