グランドにいた先輩

大学に入学してすぐにラグビー部に入った。

入部するなり、一人の4年生の先輩に「お前は入学時の俺にそっくりだ」と言われた。
その先輩は僕と同じポジションで、それから2年間(先輩が留年した為に2年間一緒だった)、
麻雀をしたり、ご飯を食べに行ったりと、口では表しきれないほどお世話になった。

その先輩が卒業し、2年間みっちりと鍛えられた僕は、他の先輩を差し置いてレギュラーになることができた。

その年の夏合宿の最中、すごく尊敬していたその先輩が亡くなったと連絡が入った。
バイクでの単独事故だった。
告別式、お通夜は、合宿地から300キロ程離れた先輩の田舎だったが、合宿中ということもあり、キャプテンだけが参列するという方向で部内では話が進んだ。

僕は「もし葬式に出れないのならば、今ここで部活を止める」と駄々をこね、結局キャプテンと一緒に僕もお通夜に参列する事ができた。
僕が一番可愛がってもらってたことを皆知っていたので、無理を言っても反論する人はいなかった。

初めて会った先輩のご両親は、僕の事を亡くなった先輩から聞いていたらしく、「ありがとう、ありがとう」と、泣きながら出迎えてくれた。
僕も涙が溢れ出てしまい、せっかくとってもらった先輩の大好物だった寿司屋の寿司を味わう事はできなかった。

その秋のリーグ戦では、皆心の中に「死んだ先輩の分まで・・・」という気持があったためか、チーム初の決勝進出を果たす事ができた。
決勝の相手は3年連続優勝している強豪チームで、僕等のチームは練習試合も含めて4年間そのチームに勝った事がなかった。

でもその決勝はいつもとは違った。

普段なら押される事はあっても、絶対に押す事のできなかったスクラムはこちらが常に押しつづけ、楕円のボールのバウンドは常に僕達に有利に転がった。
試合が終る少し前にキャプテンが言った。

キャプテン:「このグラウンドに◯◯さんがいる・・・」

僕も皆もそれはなんとなく気付いていた。
密集の中なんかでも、うしろから誰かが支えてくれている感触が確かにあった。
そして僕達は3点差で試合に勝って初優勝することができた。

試合後、遠いいところを応援に来てくれていた先輩のご両親に優勝の報告をしに行くと、「少し前に◯◯がこのグラウンドで試合をしていて、試合に勝つ夢を見た。だから今日は、このグラウンドを見た瞬間に、君達が優勝する事を確信していた」と、おっしゃっていた。

「このグラウンドには初めて来たが、◯◯が夢の中で試合をしていたグラウンドは確かにここだった」とも言っていた。

次の日に全員でお墓参りをして、先輩のおかげで勝つ事ができました、と報告をした。

今でも当時の部員が集まる機会があると、「あの時の試合には、絶対に死んだ◯◯さんがいた。」
「16人対15人で勝つんじゃセコイけど、それも◯◯さんらしいよな」

なんて話題でいつも盛り上がり、そして未だにしんみりしている。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!