最後のあいさつ

これは母から聞いた話。
結婚前勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事していました。
目の前を毎朝、ご近所のおじいさんが通り、お互い挨拶をかわしていました。

ある日は、果物や家でとれた野菜など差し入れてくれる日もあったとか。
母はそのおじいさんと仲良しだったみたいです。
おじいさんが来るとき、さくさくと雪を踏む音が聞こえてくるので、いつも窓を開けて挨拶していたそうです。

でもある日、おじいさんは顔を出しませんでした。
家族の人に聞くと、「山に行ったっきり帰ってこない」と。
捜索願いも出され、母も事務所の人たちもとても心配していたそうです。

二日後の朝、いつものようにさくさくと音がするので、おじいさんが戻って来たんだと思い、母は窓を開けて顔を出しました。事務所の人たちも窓のところに寄ってきました。

でも誰もいない。
足音は目の前で止まりました。
空耳かなと思って窓を閉めようとした時、また足音がして、それはだんだん遠ざかって行ったそうです。

そのあと、電話が鳴りました。
おじいさんの家族から、『ついさっき、谷底で死んでいるのが見つかった』と。

「最後に会いに来てくれたんだねって、みんなで話したのよ」と言っていました。
なんだか聞いててちょっと切なくなりました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!