白黒写真、それは・・・

約32年前の出来事。

当時、小学3年生だった俺は学校から帰ってきては毎日近所の駄菓子屋に遊びに行ってた。
その日も強めの雨が降ってたが駄菓子屋までは徒歩1分なので傘もささずに走って出掛けた。

駄菓子屋には4人ぐらいの友達が先に来ていた。
駄菓子を買い友達と喋っていると雨で濡れてる路面に葉書大の紙が5枚ぐらい落ちているのに気がついた。
びしゃびしゃに濡れてる紙を拾いあげてみるとそれは白黒写真だった。

なんの写真だろう・・・。
友達と覗き込んで見てみると水が枯れてる滝のような風景が写っていた。(描写の説明が下手でごめんなさい)

その枯れた滝をよく見てみると白っぽい人影のようなもんが数ヶ所写ってるのに気がついた。

写真が雨に濡れて見えにくかったので駄菓子屋店内に入り写真を乾かしてから見てみると、白い人影のようなものは全て骸骨だと言う事が判った。

俺らは気持ち悪くなり駄菓子屋のオヤジに見せてみたら、「燃やした方がいい」と言われて残りの写真合わせ5枚全てを燃やして川に流した。

あの写真は何だったんだろう・・・と、今でも友達と飲んだ時には話題になる不思議な体験でした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!