クライマーの亡霊?

ずっと以前、奥穂高岳山頂に向けて3人で歩いていた。

私は先頭を歩いていたが、後ろがバテ始めている様子なのでペースを作りながらどこで休憩をとるか考えていると、前方からクライマーが駆け下りてくるのが見えた。

背中には何も背負わず、腰にガチャ物だけをぶる下げてガチャガチャと音を立てながら、軽快に駆け下りてくる。

普通は登りが優先なのだが、当時そういうマナーを尊重しないクライマーは結構多かったので、私はバテていたのも手伝って思わず道をあけた。

すると、「こんにちはー!」と明るい声で挨拶が飛んできた。

はっきり言ってクライマーのこの手の挨拶は期待していなかったので、私は半分びっくりしながら、「こ、こんにちは!」と挨拶を返した。

その直後、私が歩を止めたので立ち止まった後ろの仲間が「お前、誰に挨拶してるんだ?」と・・・。

えっ?っと思って振り返るが、そこには誰もいなかった。

幻覚に恐れるほどは消耗していなかったので、あれはきっと生きている人ではなかったのだと思う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!