確信はないが、アレは・・・

幽霊である確信が持てないので、このスレに投下。

今年、関東の避暑地に小さな別荘を建てた。
山の中で周囲に人家はないが、1軒だけ遠くに緑色の屋根が見えたので一応挨拶しておくかと、着工前の4月に俺達夫婦と棟梁の3人で挨拶に行った。

住んでいたのは80代の老夫婦で、東京からのIターン組の奥さんは酷く痩せていて、今は体調を崩しているそうだが、毎週、子供達が交替で東京から来てくれるので、通院や生活面は問題ないんだと御主人は言っていた。

別荘は7月に完成し、今度は俺と棟梁の2人でその家に挨拶に行った。
ピンポンと同時に(まるで待ち構えでいたように)ドアがパッと開いたが、立っていたのは奥さんだけで、狭いLDKに御主人の姿はない。

奥さんは、「まあ別荘ですか・・・・・・お幸せですねえ・・・・・・」と、4月に挨拶した時と全く同じ言葉を3回ほど繰り返しただけだったので、「少しボケてるのかな?」と棟梁と話しながら帰った。

ところが、だ。
俺と棟梁が挨拶した1週間ほど前に、その奥さんは亡くなってたんだよ・・・。
御主人は葬儀のため帰京していたので、俺たちが挨拶した日に「その家は無人だった」と、あとで地区長さんから聞いた。
「自分は留守中の見守りを頼まれていたから、絶対に間違いない」と。

でも、天気のいい真昼間に60㎝の至近距離で会話を交わして、菓子もじかに手渡ししてるし、幽霊だという実感が全然わかない。
奥さんは年齢の割に背か高く、彫りの深い特徴のある美人顔なんで、俺と棟梁の2人して別人を見間違えたということはないだろう。

奥さんは青白くて元気がなかったけど、それは4月に会った時もそうだったし、全然透けておらず、足だってちゃんとあった(と思う)。

こんなにハッキリした幽霊がいるんだろうかと、逆にモヤモヤするよ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!