兄は人間魚雷

私の父は、昭和三年生まれ。戦前派です。
そんな父が、このGWに私を呼び出しました。

父:「お前に見せておきたいところがある。ちょっと付き合え」

実家で父を車に乗せ、言われるまま本家に向かいました。
ただし、本家ではなく、その裏山入り口へ。

いい年してますが、さすが先輩ハンターでして、その山道を私を率いてどんどんのぼっていきました。
途中、きょろきょろしたかとおもうと脇へ飛び込んでいきます。
道なんてありません。
30m位藪コギしたでしょうか・・・・白い石がみえました。
苔で白っぽく見えたのですが・・・。
その石を両手で撫でながら、親父が話し始めました。

人間魚雷『回天』搭乗員の訓練中に死んだ兄のこと(これは聞いてました)、そしてその兄が、夢枕で弟(=私の父)に託したもの。

昭和20年の春、学徒動員で千歳に行っていた父の夢枕に、兄がたったのだと。
優しく笑いながら話しかけてきて・・・・いつのまにか、(戦前に)一緒に遊んだ裏山の秘密基地(白い大きな石のところ)にいたこと。

叔父は、「親父おふくろと、兄弟を頼むよ。俺はもうだめだけど、お前は長生きできるそうだから。この場所で一杯遊んだな。家に帰ったらここに来い。お前に渡したいものを置いておくからね。頑張るんだぞ・・・」という意味のことを言って、じっと親父を見つめたそうです。
そのとき、夢から醒めたと。

叔父の訓練中の死亡連絡が、実家から届いたのは二日後。
その後、すぐに浜松へ動員先が変わったそうで・・・・。
移動途中、実家へ寄れた父は、約束?を守るべく秘密基地にすぐに向かったところ。
石の上に、短剣が。
元は銘刀だったものを、叔父と父の二人が悪戯して剣先一尺ほどで折ってしまったものを、出征するにあたって懐刀として誂直したものでした。
錆びることも無く、白鞘から綺麗にぬけた刀身をみて、父は号泣したそうです。

その話をしてくれた父は、私にその短剣を渡しました。

父:「あの時代、みんな精一杯に生きたんだ。その想いだけは、素直に受け止めてほしい」

父の涙をみたのは、生涯二度目でした。
一度目は実母の葬式の時でした。

急で、なおかつ目的も知らずにつれていたかれた為、線香も水も持っていませんでした。
手持ちのタバコに火をつけて、たむけのかわりとしました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!