連れて帰ってくれてありがとう

私は仕事の関係でアジア圏を中心に出張や短期駐在に行くことがあります。

こういう生活を続けるとかえって日本の風物が懐かしくなるもので、今の趣味が休日利用の温泉や神社仏閣巡りが中心になってます。

で夏、高野山に行ってきました。
そこの奥の院というところは、いろんなお墓があることで有名な霊域ですが、そこに行ったらどうしても脚が横道にそれて私には関係のない墓に立ち止まってしまいます。

ああ、引っ張られてるなと思いましたが、これも何かの縁と般若心経を唱えました。
そしたら次もまた引っ張られて心経、また引っ張られて心経と繰り返してました。

いくつくらい廻ったのかわかりませんが、奥の院というところは入り口から弘法大師の眠る御廟まで一時間強もあればかえって来れるところですが、わたしはそんなことしてたから3時間半ほどかかりました。

実はここに来るまで左肩がやたら重かったのですが、ひとつひとつそうした墓や碑を過ぎるたびに軽くなってきたことも覚えてます。

そして其の夜、旅先の旅館で夢をみました。

その夢は馬や牛、イヌ、鳥、珍しいところではもぐらやカワウソみたいな、たくさんの動物くんといっしょに、円座になって酒を飲んで歓談しているものでした。
人間はわたしだけでしたが、覚えてるのはおつまみの枝豆と豆腐くらいしかなかったことかな?
さすが動物宴会だ、肉がないって変に感心しながら楽しんでました。

霧のようなものが出てきたので、「そろそろお開きだ」って馬さんが言い出し、皆片づけをし始めました。
そして皆こっちを向いて「ありがとう」と挨拶。

え?俺、なんもしてないよ、っていいながら視線を彼らに向けると、皆人間の姿になっていて、軍服を着た人、レトロな背広を着た人、ドカチンスタイルの人、モンペを着た女性が十数名手を振りながら霧のなかに消えてゆきました。

そこで眼が醒めました。
あまりに強烈な夢だったのでいろいろモーニング食べながら考えてましたら、昨日の高野山の一件を思い出しました。

そういえば昨日いっぱい拝んだ墓は「海外物故者」とか「航空兵」とか「近衛兵」とか「陸軍なんとか」「海軍かんとか」って書いてたな。
きっと海外にいたときに俺の身体について、ここまで一緒にきたんだな、それでわざわざ夢でて御礼を言いに来てくれたんだ、そういやここに来る前には重たかった左肩もいまはすっかり軽くなってる・・・・。

恐くはなかったです。
それよりも俺を驚かさないように愉快な動物くんになって来てくれた事のほうがうれしくて悲しかったです。

こんど出てくるときはそのまんまの姿でいいよ、怖がらないから。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!