供養して欲しいなら他に行け!

昨日の夜、幽霊が出た。
初めて幽霊見た。

だいぶ前に死んだ姑が枕元に立ってた。
納棺の時には、白装束の上にお気に入りの着物を掛けたのに
黒く腐ったような服を着て、恨めしげな顔して立ってた。

ああ、そういえばあの人「死んだらきちんと供養してもらわないと、成仏できない」と思ってる人だったけど、かろうじて四十九日しただけで、あとの法事全然してないし、そもそも納骨もちゃんとしたのかな?
墓も仏壇も放置してるけどどうなってるだろ?
そう考えながら布団かぶって寝ようとしたけど、やっぱり寝れなくて、見たらまだ居た。

なんだか腹が立ってきた。

私:「私に言いたいことでもあるんですか!?私も○さん(夫)も、あなたの世話をきちんとやりましたよね。私は生き甲斐だった仕事を休職して介護したし、○さんも出世を諦めて介護した。娘は受験の大変な時期に手伝ってくれた。お天道様に顔向けできない事はしてませんよ!!」

私:「金は出さず手伝いもせず、文句ばっかり言ってた義弟君と義妹さんはあなたが死んだあと、『母さんをきちんと世話せず、虐待した、訴えてやる』『お前たちのような屑に墓や仏壇を任せる事はできない、家ごとよこせ』と言ってきたんですよ。私たちもう疲れ果ててたから、今後墓仏壇の世話や法要、全部義弟妹さんたちがやることを条件に、遺産は全部放棄したんですよ。供養してほしけりゃ、あんた自慢の『立派な次男ちゃん』か、『嫁と違って賢い娘ちゃん』に言いなさいな!うちに言ってきても無駄だよ!!」

・・・と、幽霊に向かって怒鳴った。

私は吃音があって喋るのが苦手で、生前姑に言いたいこと言えなかったんでスッキリした。
幽霊相手だとすらすら言えた。

姑はすーっと消えて行った。
義弟妹の所に行ったのかな?

あの二人はずっと遺産を巡って争っているんで、法事をしてくれるかどうか分らんけど。

今日、夫が出張から帰ってくるけど、幽霊のことは言わないでおくつもり。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!