その日は俺の命日だからな

友達の十三回忌の前週に、「これからうち遊びにこない?」ってその友達の夢見た。

亡くなったのは別々の大学になってからだったけど、知り合った頃の高校時代の制服姿だった。
高1の頃は人と話す時左右に体振ってスカート揺らすぶりっ子もどきの癖があって、自分は忘れてたけどそんな感じにフラフラとした仕草だった・・・。

周りに一緒に歩く他の友達の姿もうっすらといて、あーいつもみたいに皆でゲームしたりだべったりすんだなぁと思った。

俺はその時スケジュールを頭に思い浮かべるんだけど、完全に学生時代の脳になってて「あー、夜バイトだわー」って答えたんだ。

そしたら「そっかー、じゃあね、21日は空けといてね」って言って手を振ったまま遠くになってくそいつを見て、ああ、あいつ通学は電車だったっけかななんて思いつつ、21日かあ・・・なんかあったっけて思った途端に、夢の中の脳みそが現代脳に戻った。

ハッ!!
あいつ死んでる。
しかも今月の21日はあいつの命日だ!

そう思い出してガバッと起きた。

薄情だけどすっかりそいつのことかれこれ数年以上完全に忘れてて、むしろ夢の中で命日を思い出した自分に驚いたし、すっかり忘れてた自分のあまりの不甲斐なさに、深夜なのに嫁にびっくりされるほど声上げてボロボロ泣いた。

いつもならどんなに強烈な夢でも起きれば数時間でぼやけて一日も経ったら忘れちゃうのに、喋った言葉や仕草や服装までずーとくっきり覚えてて、命日は高校時代の仲間みんなに声をかけて線香上げに行った。

さすがに誰にもそんな夢見たなんて言わなかったけど結構集まった。

卒業から15年も疎遠の奴でも不思議と連絡取れて自分自身驚いたし、ずっと疎遠だったからそいつの親御さんも驚いてて喜んでくれた。

でも夢の中でバイトなんてさぼってみんなと遊びに行ってたら、もっとそいつと話せたのかなぁ・・・とか思う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!