何者かが憑依していた

高校の修学旅行の時のこと。

京都のホテルの大部屋に15人くらいの女達で集まり、百物語?みたいに順番に怖い話をしていた。
そのメンバーの中に一人、違うクラスの子でほとんどしゃべらないおとなしい子がいた。
怖い話をするってみんなが大盛り上がりしてた時から、その子は「やめようよ、帰っていい?」とごにょごにょ言っていた。
みんなその子が怖がっているのを見て面白がり、その子を帰らせないようにして話を始めた。

話している間もその子は耳を両手で塞いで震えていた。
それを私は横目で見ながら、「だらしねぇな~演技しやがって」と、ちょっとイライラしていた。

5人くらい話した頃、だんだんその子が変になってきているのが私は分かった。
震えが横にいる私にもはっきり伝わるようになってきたし、小さい声で「やめて、もうやめて。。」と何度も何度も言っているのも聞こえた。

さすがにヤバイかな、演技じゃなくホントに怖いんだな・・・と思って話を中断させて「この子部屋に帰してやろうよ」とみんなに言った。

でも、テンションの上がっているみんなはそんな震える様子を見て余計に面白がり、帰そうとはしなかった。

怖い話を再開し、さらに3人話したところでついに大変な事になってしまった。
怖がっていたその子の震えが一瞬おさまり、あれ?と思ったすぐ後に全身を激しく痙攣させだし、頭を床につけるように前かがみに突っ伏し「やめろおおおおおぉぉぉおおおぉおぉぉぉおおおおぉ!!!!!」と絶叫した。

みんなは大パニックに陥ってた。
その子の叫んだ声が冗談抜きで低い男の声だったからだ。

部屋中悲鳴だらけで、ものすごい状態になっていた、私は何とか電気をつけて、痙攣してたその子を見ると、口から泡を出して、半分白目むいてガチガチ痙攣してた

これはやばい!と思い、ダッシュで先生を呼びに走った。
部屋から出てすぐ、さっきの悲鳴を聞いてこっちに向ってた先生に会えて、その子はすぐに救急車で運ばれていった。

その頃にはみんな少し落ち着いてきていたが、他の先生達に事情を説明することができたのは私だけで、他のみんなは一言もしゃべらずにずっと下を向いてた。

そして30分くらい全員説教されて、1時間ほど廊下で正座させられた。

次の日にはその子はケロッとして、旅行に参加していた。
あの場に居たみんなは明らかにその子を避けていた。

私はその子に「昨日大丈夫だった?」と聞くと、その子は「それが怖い話始まってすぐ気を失ったみたい、なんにも憶えてないの。気づいたら病院だった。」と答えた。

そのとき改めてゾーッとした。
私が異変に気づきだしたときには既にその子じゃなかったって事なのか??

なんか無性に怖くなって、卒業までその子とは話してない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!