まだ行ってはいけない世界

他人からしたら「だから?」っていうかんじですが・・・。

祖母がまだ生きてるときに、「私も先長くないから、何か買ってあげる。なんでも言ってみなさい」といった。
俺は、「じゃあ、新しい自転車がほしい」といった。

数日後、俺は祖母と自転車を買いに行った。
祖母は俺の喜ぶ顔を見てにっこり笑った。

しかし祖母は一週間後、昔からの持病で亡くなった。
俺はその自転車を祖母のように大事にした。

一年後の夏、祖母の買ってくれた自転車で峠を下っていた。
左側は絶壁だ。

あるカーブに差し掛かったところで、そのカーブがとても急なことに気づき、ブレーキをかけたが、遅かった。

時速60キロのまま落車、転がりながら、「このままだとガードレールを乗り越えて崖から落ちる。落ちたら怪我じゃすまない」と思ったがどうしようもない。

俺もここで死ぬのか・・・。

そしたらいきなり祖母の顔がみえた。

「あんたはまだ来ちゃだめ」

そしたらガードレールにあたる直前に、俺の自転車が俺とガードレールの間に入り、俺が落ちるのを防いでくれた。

しかし、その拍子で自転車は崖から落ちた。
あとで自転車を下から引き上げると、フレームは折れ、元型をとどめてないほど大破していた。
俺は骨折と擦り傷で済んだ。
あの時自転車が間に入ってなかったら俺は死んでた。

祖母が俺を助けてくれたんだ、と俺は思った。

俺は自転車と祖母に感謝しながら、自転車を捨てた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!