死んだことを理解していない

中小ソフトハウスに勤めてた友人Kの話。

あるプロジェクトの機能追加の納期がやばそうになり、先輩とKで連日徹夜で作業してたそうだ。
ところが以前のプロジェクトも見積りミスで徹夜続きだった先輩が、納期間近に倒れて早退したが、結局逝ってしまったとのこと。

悲惨なのはKで、人手が割けずに一人で続行ってことになった。
で、徹夜作業してるとキーボードを叩く音やら歩き回る音(先輩の癖だそう)やらしてたそうだ。

納期前夜、一人で最終チェック中に不具合発見、慌てて修正かけ始めたけど、どう考えてもまにあわない。
そんな日もやっぱりカツコツ歩き回る音がするんで、ぶち切れたKが「邪魔するんなら出てって下さいよ!」と叫んだところ、一時的に止んだが、暫くしたらまたキーボードを叩く音。
もう完全無視で作業したんだけど、朝日が昇っても最後の不具合が取り除けなかった。

仕方がないのでぼーっとどう謝り抜くかを考えながら、動作チェックをかけてたところ、最後に残った不具合が何故か消えてた。

とりあえず納期にはなんとか間に合ったんで、Kは「きっと無意識に直したんだな俺ってスゴイじゃん」と思ってたけど、後でその部分のソース見たら、コメントの癖が先輩のものとしか思えなかったんだと。

ほどなくちょっとした噂になって、尻に火がついた新人が何人かその開発室で徹夜を試みたんだけど、結局何も起こらず間に合わない奴が多数だとか。

思い残しを処理して成仏したんならいいけど、新人には甘くない人だったから尻は自分で拭かせてるのかも、とK。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!