女子十二楽坊的な霊

怖くないけど不思議な話。
私は箏曲を習ってるんですが、その先生から聞いた話です。

雨の降る晩、先生は一人で琴を弾いていました。
疲れてきたのでそろそろ弾くのをやめようかと思ったそうです。

しかし、なぜか手が止まらない。

なんか、曲に引きずられて勝手に弾いてしまうみたいな感覚だったそうです。
先生は、『まあ一曲弾き終わるまで弾いておくか』と思ってそのまま引き続けました。

そしたら突然、畳の上で衣ずれのする音がしました。
誰か部屋に入ってきたのか?と思ったけど、障子を開ける音もなかったそうです。

おかしいな?と思いつつも手を止めることは出来ず引き続けました。
その時、先生は異様な空気に鳥肌がたち、いくらなんでも気持ち悪いと思いました。

やめたいのにやめられない。
弾き続けてしまう。

ふと正面に妙な気配を感じ、視線を琴の弦から少し先の畳に移したら、そこには和服の裾から白い足袋が見えたそうです。

その白い足袋は、どうみても踊っている足さばきだったそうです。

先生は足元しか見えなかったと言うか、上を見ように視線をそれ以上あげることは出来なかったと言ってました。
気絶しそうになりながらも手が止まらない状態で、やっと弾き終わった時には白い足袋は消えてしまったそうです。

琴の音にのって踊りたい幽霊だったのでしょうか?
あまり怖くはないですね(w

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!