某キャンプ場での有名な話

湯檜曽のキャンプ場でAさんと数人の仲間が焚き火を囲んで、静かな夜をビールなぞ飲みながら
楽しんだ。
そのうち夜も遅くなってきたので、「そろそろ焚き火を消してお開きにしよう・・・」と言うこ
とになったのですが、Aさんは小さな焚き火の炎に照らされてうつらうつらするのが心地よく、一人残る事にしました。

周りを見渡しても小さな女の子が一人ボール遊びをしているだけで、とても静かな夜でした。
でも、良く考えるとキャンプ場だとはいえ夜遅く女の子が一人で遊んでいるなんて少し妙な気が・・・。

よく見てみると、暗くて遠いためかゆがんだシルエットではありますが、間違い無く5~6歳の女の子がボールを放り投げたり、蹴飛ばしたりして遊んでいます。
Aさんはさほど気にもせず、また目を閉じてつらうつらしていたそうです。

しばらくして自分の横の草むらがガサッと音を立てました。
すると小さな声で「ボール・・・」と言う女の子の声が聞こえましたが、Aさんはそのまま目を閉じていました。

すると今度は足音がAさんに近づいてきて「おじちゃん、ボール・・・」といっています。

Aさんは「ああ、ボールを取ってくれと言っているのか」と理解しうつむいたままそっと目をあけると焚き火に照らされた女の子の靴が見えて、大きな声で「おじちゃん!ボール!」と声をかけれました。

Aさんはハッとしました。
大きな声をかけられたからではありません。

その声がAさんの横の草むら、ボールが落ちたと思われる場所から聞こえてきたのです。
Aさんはハッとして顔を上げると、そこには頭が無く体の形が歪むほどキズだらけの女の子が立
っていました。

そうです、女の子が遊んでいたのはボールではなく自分の頭だったのです。

なんでもこのキャンプ場の近くで幼女のバラバラの遺体が見つかったことがあるということで、今でもこの場所には無邪気に自分の頭でボール遊びをする女の子が現れるそうです。

「おじちゃん!ボール!!」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!