赤い雨は触れてはいけない

知り合いの話。

実家の山村に帰っていた時のこと。
従兄弟と一緒に山に入っていると、にわか雨に降られた。
雨に打たれているうち、何となく違和感を覚えた。

おや?
この雨って妙に粘々しているような気がする。

気になった彼は、手で器を作り雨を受けてみた。
掌に溜まった液体は、確かに少し粘り気がある。
そして僅かに赤がかって見えた。
見ていた従兄弟が「あまり触らない方が良いかも」と伝えてくる。

地元では赤い雨と呼ばれているのだという。
瓶とかに溜めてしばらく経つと、色も消え粘りも無くなり、普通の水になっているのだそうだ。

直接の害はないみたいだが、気味が悪いので出来るだけ触れないようにしているらしい。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!