お別れの挨拶

自分はおばあちゃん子だったのですが、その祖母が亡くなるときの話です。

だいぶ前の話なのですが、祖母は急に体の具合が悪くなり入院することを余儀なくされました。
祖母は明治生まれの気丈な性格だったので「入院なんていやだよ」「ウチに帰りたい」と病院を毛嫌いしておりました。

私は会社の帰りなど、時間の許す限りお見舞いに行きました。
ですが、容態は悪化し急に昏睡状態になってしまったのです。

母から会社に「もう駄目かもしれないから、最後に会いにきてやって」と連絡がありました。
私が病院に着いたときは叔母しかおらず、ちょうど洗濯物を屋上に取りに行くところでした。

私:「おばあちゃん、○○(自分の名前)だよ。わかる?きたよ。」

私は病室で一人、意識のない祖母に話し掛けていました。

ふと視線を感じ、祖母の顔を見ると、目を開け私を見ているではないですか・・・。
私はびっくりして、「おばあちゃん、意識戻ったの!?」「わかる?○○だよ!」と話し掛けながらも、心の中で『ああ、早く叔母ちゃん戻ってこないかな!』と焦っておりました。

祖母はそのたびに「うん、うん」とうなずき、管の通った手で私の手を握り返してくれました。
ドアノブの音がし、『叔母が戻ってきた!』と思ったその時、祖母は目を固く閉じていました。

私は叔母に「おばあちゃん、意識が戻ってたんだよ!今、目開けてうなずいてたんだよ!」と、もの凄い勢いでまくし立てていました。

最初は驚いて先生まで呼んだりしてたのですが、「そんなことはありえない」と、その一件は、私の幻覚??と言う事で片付けられてしまいました。

そんな不思議なことがあった翌々日に祖母は亡くなりました。
その時の話は誰も信じてくれませんでした。

でも、あれは確かに意識のある目だったし、私の顔を見て嬉しそうに頷いてくれた・・・。
そう思えてなりませんでした。

祖母が無くなって半年近くが過ぎた頃です。
夜中に夢を見ていました。
祖母が佇んでおりました。

私は祖母に向かって「あの時、意識が戻ってたよね。あれはお別れの挨拶だったの?」と聞いてたのですが、そこで目が覚めました。

ふと足もとを見ると、祖母が私の足首あたりに立っており「そうだよ」と一言いうと、すっと消えていってしまいました。

怖がりな自分ですが、その時は怖いという気持ちはなく、ただただ涙が出てきました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!