三四郎と呼ばれる謎の影

友人の話。

幼少時に里山で遊んでいた時のこと。
野中の小道を走っていると、ガシッと見えない何かに身体を掴まれた。
幾つもの掌に、手足や肩を握られているよう。
まったく身動きが取れない。
藻掻いていると、いきなり誰かの掛け声が聞こえた。

へやっ!

次の瞬間、彼の身体はくるりと一回転をして、地べたに叩き付けられていた。
痛みと衝撃で、しばらく身動きできなかったという。

翌日学校でこの話をすると、皆がしたり顔で頷いた。

「あぁ、あそこって“三四郎”がいるからねぇ」

どうやら子供の世界では、そこそこ有名な存在だったらしい。
どいつもこいつも見境無く、しかし見事に投げ飛ばすので、いつの間にか“三四郎”と呼ばれるようになったのだとか。

「大人は出会ったてないらしいから、奴も子供なんじゃないの?」

そうも噂されていたそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!