死を報告しにくる

母の体験談。

母の祖父(私から見れば曽祖父)が、病気で亡くなりそうなときの話。
もうやばい祖父のために親戚一同が家に集まっていたそうな。
結構でかい家だったんですが、田舎のこと、親戚の数も半端じゃないんで、部屋を取られて母は夜は納戸で寝ていたそうです。

その夜も、座敷の方でまだ起きてる親戚たちがざわざわしているのを聞きながら、母は納戸でうつらうつらしていたそうです。

ふと気がつくとそのざわめきが聞こえない。
祖父の容態はすでに秒読み段階だったので、夜でも必ず数人が寝ずに起きているはずだから、こんなに静かなのはおかしい・・・と思った瞬間、金縛りに遭ったそうです。

初めての体験に「まあそのうちとけるだろう・・・」とゆったり構えていた母ですが、その時、納戸のふすまが開いて誰かが入ってきたそうです。

でもおかしい。
あたりはずっと静まり返っている。
納戸に来るにはきしみのひどい廊下をわたってこないといけないのに、足音などまったく聞こえなかったのだそうです。

その”誰か”は母の枕もとに無言で立っていたそうです。

母の視点からは足と、まとった浴衣の端しか見えなかったそうですが・・・。

しかし母にはその足が、入院している祖父のものだとわかったそうです。

次の瞬間金縛りが解け、同時にざわめきが聞こえ出し、見えていた足も消えたそうです。
呆然と起き上がった母のもとに今度はばたばたと廊下を鳴らしながら親戚が駆けつけ、今、祖父がなくなったと連絡が入ったことを教えてくれたそうです。

内孫でしたが、特別かわいがられていたわけでもなく、7人兄弟の4番目という中途半端な母のところに何故きたのかは不明だそうです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!