絶対に廃墟のままだった

私の経験したちょっと奇妙な出来事です。

実家の近所に大きな廃病院跡がありました。
ずいぶん古くて頑丈そうな石造りの建物が数棟。
敷地も広くて、中には小さな池や森などもあり、プチ廃墟マニアの私などには絶好のロケーションでした。

小学校の頃は探検や虫取り。中高生の頃には肝試し。
高校卒業後、地元を離れたので足は遠のきましたが、帰省の折りには一人立ち寄って、廃墟に独特の、眠っているような空気を楽しんだりしていました。

今年の正月にも、両親に子供を預けて、妻と二人で廃墟を散策。
妻は「濱マイクに出てきた診療所みたい」と、まんざらでもなさそうでした。

そんなこんなで、その廃病院にはもう何百回と出入りしましたが、特に怪異と呼べるような体験はこれまで一度も無かったのです。

先週末。
夏休みを利用して実家に帰りました。
夕暮れ時に件の病院跡に行ってみたところ、かなり様子が変わっていました。
広大な敷地の周囲にはフェンスが張り巡らされ、中には重機が数台置いてあります。
病院の建物は跡形もなく、鬱蒼とした木立も大半が無くなっているようでした。

半ば呆然としながら周囲をうろついていると、フェンスに小さな看板が見えました。
見ると『土地区画整理事業』とあります。
この辺りは近年住宅地として再開発が進んでおり、ここもその一環をなすようです。
それにしても、8ヶ月前まではあれだけの存在感を放っていた廃墟だったのに、人の意志が働くと、時間はこうも加速するものなのか・・・そんなこと考えながら、蝉時雨の絶えた道筋をたどり家へと戻りました。

その日の夕食後、父親に病院跡地の土地区画事業について尋ねました。

父親:「ああ、アレな。なんでもショッピングセンターになるらしいぞ」
私:「ショッピングセンター?あそこ病院跡地だろ?」

父親:「それがどうした」
私:「そういうのって、何かちょっと気持ち悪くないか?」

父親:「そうか?俺は別に気にならないがな」
私:「病院って人が死んでる場所だろうがよ」

父親:「だからって、潰れてから何十年も経ってるんだぞ」
私:「そりゃそうだけど・・・」

父親:「まぁ何かと便利になるしな。こっちの人はみんな歓迎してるさ」

父親は屈託なく笑ってコップからビールを啜りました。

父親:「・・・そうは言っても土地の補償とかで難航したんだろうな。あそこは取り壊してから、もう1年近く放ったらかしだ」

私:「1年ってことは無いだろう。俺が正月に行った時はまだ廃墟のままだったぞ」

父親:「お前、何言ってるんだ?秋からこっち、あそこは更地だ。吉森んトコが仕事請けたのが去年の今頃だから間違いない」

その後、母親にも確認したのですが、父親の言うことに間違いないとのこと。
これは私の勘違いなのかと思い、妻に事情を説明せずに聞いてみたところ、やはり私の記憶通り、今年の1月に廃墟を訪れたと答えました。

場所を取り違えているのか、私達の記憶違いなのか。
何となく触れてはいけないような気がして、確認しないままに帰宅しました。

ただ、これは断言できるのですが、実家の周辺には他に大きな廃墟はありません。
ならば、1月に私達が彷徨った廃墟は何処にあるのでしょう。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!