殺されたのはここではない

大分前のことになるが、悪友のRとTと俺の三人で飲んでて、ノリで近場の山中にある廃墟に肝試しにいくことになった。

廃墟といっても普通の民家で、こんな山の中に誰が住んでたのか、そちらの方が気になるくらいのごく普通の家だった。

ドアも窓も壊された廃墟に入り込むのは簡単で、懐中電灯片手に建物の中を一通り見て周り、外に出てタバコを一服。

俺:「なあ、そういえばここって女の子の幽霊が出るって話だよな」
R:「ああ、昔この建物に連れ込まれて殺された女の子が出るっていう噂だ」

「・・・・・の」

俺:「おい、今何か聞こえなかったか?」
R:「あ?何が?」

俺:「何か聞こえたんだけど」
R:「気のせいだろ」

二人で顔を見合わせた。

俺:「なあ、Tは何か聞いたか?」
T:「違うって」

俺:「え?」
T:「違うって言ってるんだよ」

俺:「違うって何が?」
T:「だから違うんだよ!」

俺:「だから、何が違うんだよ!」
T:「その女の子はここで殺されたんじゃないって言ってるんだよ!」

R:「おいおい、何言ってるんだよT」
T:「だって、お前が『ここに連れ込まれて殺された』って言った時に、『違うの違うの』って声がしただろ!!ここで殺されたんじゃないんだよ!」

速攻でその場を後にしました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!