見てしまった時の体験談

霊は小学校の頃よく見たり変な体験をよくしました。
と言っても6回ですが・・。
でも鮮明に覚えています。

何故か一定時期に見えてその後ぱったりと見えなくなりました。
見ようと思っていると、見えないけど突然見えたりしました。
見えた時はこんな感じです・・。


下校時、道路の脇を通っているとセンターラインの真上に女の人が立っていた。
それで何してんだろう?と思っていると車がどんどん来てどれもスピードを落としていなかった。
普通に体を突き抜けていっていた。


その頃住んでいたマンションの通路で友達と遊んでいると窓のところからお婆さんが逆さまになって浮いていた。

そこは三階。
すごい形相で眼がこっちを見ていた。


タイに家族旅行に行った時、夜、親がショーを見に行って私と弟二人でテレビを実ながらホテルで過ごしていたら、映画を見ていたのに突然画面が真っ暗になってどこかの川の映像が流れていた。
白黒で音声は全く無く、同じ場所だけ延々と映っていて、それから突然また戻った。
その時弟の眼から涙が溢れてきて、もの凄い速さで意味不明の国の言葉を話し始めた。


朝起きたら枕の裏が湿っていた。
それで見たら血が半乾きでべったりついていた。
でも自分はどこも汚れていないしどこも出血した形跡が無い。
それが三夜連続続いて、お母さんにはいたずらをしているだけだと思われて「あんたはほんまにとんでもない子やね!」とすごく叱られた。


夏休みにおばあちゃんと寝ていたとき、扇風機をつけておいた。
それで寝ているとなんだか気配を感じる。

扇風機の向こうから「ねえねえねえ・・」と女の声。
びっくりしたけど体が動かない。
おばあちゃんは隣でぐうぐう寝ている。
声も恐怖だが明らかに扇風機のすぐ近くにいるのに声に乱れが無い。

汗でびっしょりになってきた・・。
『やばい・・死ぬのかな・・』と思ったら金縛りが解けた。
でもお婆ちゃんは私が寝ぼけていると思って全く信じてくれなかった。


小6のころ修学旅行で中国に行った。
その時南京大虐殺記念館(確かそういう名前)に見学に行き、日本軍が行った虐待の数々を見せられた。

その日、ホテルに帰り、夕食を済ませ、ベッドで寝ていると同室のA子(部屋は二人部屋)がいきなり飛び上がりベッドの下に潜り込んでしまった。

A子は「先生を呼んで!先生!先生!」と大泣き。
私は訳もわからず、とりあえず部屋から先生の部屋に電話した。
先生が来てその子は部屋を変えて欲しいと頼んでいた。

私はなんでだろう?とかなり不思議だった。
そしてその後彼女は同行の保健の先生と寝ることにし、先生が誰かの部屋に移って三人部屋に変更するかなど聞いてきたがその日はもう遅かったので私は一人で寝た。

次の日、クラスのみんなで朝食をとっていた時、先生がA子はみんなより先に帰ることに決まったと教えられた。

私はその前の晩の彼女の行動が不思議でたまらず、A子にお別れをいうと、A子がいる部屋に行った。

彼女は荷造りを既に済ませ空を見つめていた。

私が昨日の晩のことを聞くとA子は言った。

A子:「だってTちゃんのとなりに男の子が寝てたんだもん、こっちみてたんだもん、だから隠れたんだよ。恐かったんだよ」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!