脳裏に入り込んでくる

俺が実家まで片道1時間半位のところに住み始めて5年目位の時だったかな?

実家は東京下町の商店街で開業している個人商店。
自分の仕事は実家の商売とは全く関係ないし、当時はひと月かふた月に1回くらいしか実家には帰らなかった。

ある日、ふと、何の脈絡も無く、いきなり、飲食業用白衣を着た初老の女の人が頭に浮んできて、「あれ?誰だっけ?」ってなり、頭から離れなくなった。

見覚えがあるはずなんだけど思い出せない。
なんかモヤモヤした日が続いた。

で、少しして実家に帰った時、母が世間話を始めてすぐ、「ほら、商店街の○○パン屋、おまえ高校生の頃たまに買っていた、あそこのおかみさん、亡くなったんだよ。」と言ったので、はっきりと思い出した。

頭に浮んだおばさんは、パン屋のおかみさんだった。
でも、ここしばらくは買い物はしていないし、昔も俺はたまに買い物するだけで、余計な話はしないで普通にお金を払うだけの客だったのに・・・。

亡くなったのが、俺の頭にいきなり浮んできた時期とほぼ同じで、ちょっと不思議。

俺はたいした客じゃなかったのに、商店のおかみさんらしく、最期の挨拶に来てくれたのかな?

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!