謎の発信履歴

私が中学の時なので、もうかれこれ10年程前の話。

当時住んでいた家は正直立地条件があまりよくなかった。
そのせいなのかどうかは解らないけれど、何度か不思議な体験をしたのだが・・・。
その中でも特に得体が知れなく気味の悪かった出来事。

その日、私は学校に着いてから携帯を忘れたことに気が付いた。
まぁ中学生の連絡相手なんて同じ学校の友人がほとんどで、なんら支障はないのだけれど、それでも少し落ち着かない気分だった。

何事もなく一日が過ぎ、漫画を貸す、という話になった友人と帰路についた。

家に着くと仕事から帰った母親がPCに向かっている。
「ただいま」「おかえり」という、いつも通りの会話を交わした。

友人を玄関で待たして部屋にかけ上がり、貸すと言っていた漫画を片手に、ふとベッドの上を見ると携帯が転がっていた。

「そうだ今日忘れてたんじゃん!」
なんて思いながら手に取ると、不在着信のランプが。

学校に行ってる間に着信なんて、滅多になかったのだが、たまに間違い電話があったので、それかと思い見ると、14時過ぎに自宅からになっている。

自宅から携帯に電話が入るなんて、それこそ滅多にないことで(しかも学校にいっている時間)、何かあったのか?と思ったけれど、帰ってきたときの母親に変わった様子はなかった。

おかしいな・・・と考えていると、あることに気づき血の気が引いた。

急いで階段を降りて母に問い詰めた。

私:「お母さん!今日の昼過ぎ家におった!?」
母:「おらんよ、さっき帰ってきたんじゃもん。」

私:「14時過ぎに家から携帯に電話がかかっとる・・・」
母:「はあ?」

友人は玄関でな顔をしていたが、正直それどころではなかった。
母親がすぐにPCで自宅電話の発着信履歴を見てくれたのだが、そこにもはっきりと発信履歴が残っていた。

・母は仕事
・姉は学校
・父も仕事(そもそも当時私の携帯番号を知らなかった)
・自宅電話のメモリーにも入れていないし、リダイアルを押したってかからない。

この状況から何がどうなって掛かってきたのか、いまだに謎な出来事です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!