それは「お盆だからね」

俺が高校二年生の時の話。

初めて且つ、唯一体験した話。
文に起こすから読みにくいとか諸々ご勘弁を。

夏休みに入り、例に洩れず髪を染め、毎日をエンジョイしていた。
そしてお盆の時期に、オカンの実家に行く事になった。

場所は九州宮崎県の某所。
めっちゃくちゃ田舎との事。
でもちょうど暇を持て余した時期(友達達も盆で家族旅行の為)やったんで、家族皆で行く事になった。

当時の家族構成は、父、母、俺、妹、弟、妹の六人。
親父の車で旅行に出掛けた。

長旅の為途中酔ってしまったり色々あったが、本州と九州を繋ぐ関門海峡?で休憩&小腹を満たしてから無事宮崎県突入。

宮崎の市街地の都会を抜けた頃には、夜出発だった為、空には青空が広がり、夏独特の湿度と暑さが充満していた。

野を超え山を超え、民家もポツポツになって行く中、「あそこに見える山の近く」とオカンが言う。

うん、まだまだ遠い。

地元界隈では神様に一番近い場所と呼ばれるわりとそんな話のある町との事で、心霊関係大好きの俺ワクワク。
車で寝てしまって起きたらばあちゃんち着いてた。

ばあちゃんちはよくある昔の日本家屋。
植木に囲まれた中に庭が広がり、10Mぐらい歩いて玄関。
到着当日は疲れてたのもあって、遊びにも行かず皆で宴会。
親戚の人もきてどんちゃん騒ぎ。
蜂の子とか、親の蜂とかその時初めて食べたけど、今は無理かな。

みんな酔っ払ってきた頃、焼酎を割る氷がなくなったので俺が買い出しに行く事に。
しかし外は真っ暗街灯無し。
足なし。
したらば原付で行けと。

飲酒ですやん。

でもってヘルメット無い。
変わりにタオル巻いて行けと。

うーんさすが田舎、全く人に会わずコンビニ?みたいなとこで買い物して戻った。

その時通ったトンネル、めちゃくちゃ暗かったのを覚えてる。
原付のライトがあるのに、暗闇に消されてる感じ。
そんなこんなで宴会も終わり、神棚が不気味な大広間で皆で川の字になって寝た。

翌朝、朝飯を食べてる時に近くに川があると教えてもらい泳ぎに行くことに。
歩いて10分ぐらいやから、水着に着替えて家族で行った。

林道を歩いてると川の音が聞こえる。
夏の蒸し暑さが全く無く、木漏れ日が気持ち良いぐらい。

途中下りの道がちゃんとあって、石の敷き詰まった河原に到着。
そんなに深くないところで弟達と遊んでた。

危険は無いなと思ったのか飽きたのか、おとんとおかんが上流に行くとの事。
ちゃんと子供ら見とけよと釘を刺され、面倒臭いと思いながらも涼しげな時間を感じていた。

因みに弟達は全員小学生。

川を挟んで向こう側は森?林になっていて、ちょうど川の真ん中が日差しが入って気持ち良かった為、そこに俺は佇んでた。
足首ぐらいまでかな?水に浸かって。

したら突然、「おぎゃぁおぎゃぁ」と、赤ちゃんの鳴き声が聞こえた。
二回だけ。

川の真ん中なんで、両隣の林のどっちから聞こえたか解らんけど、完全に鳴き声が聞こえてちょっと焦った。

いや弟達の手前表情とかには出さんかったけど、めちゃくちゃビビった。
ビビったせいか川の水が異様に冷たく感じ、上がった。
足首まで浸かってたけど、氷水につけた後みたい。
したらタイミング良く親が戻ってきたので、飯食いに帰るかーて事で帰宅。

夜はまた例の如く宴会にて泥酔で就寝。
その日の夜、オカンと隣やったんで、布団に入りながら色々話してた。

地元に住んでた頃の話、親戚の話、地元の白蛇の神様の話。
ちょうど白蛇の神様の話をし出した瞬間に、足元のぼんぼりが突然点いた。

足元には神棚?みたいなのがあって、左が消えてて、右だけついてた。
その左がついた。

なんや接触不良か?夜中にビビらせるな・・・と思いながらも白蛇様の話を聞く。

話し終わったら次は、右が消えた。
話す前と逆になった。

「お盆やし神様が通って行ったんやな」とオカン。
そういうもんかと妙に納得して寝た。

その夜酒を飲みすぎたせいか深夜に目が覚めた。
最初は天井が明るく見えたので朝かな?と思ったけど、よく見るとぼんぼり。
反対向くとかどんだけ寝相悪いねんと自分で思いながらも、戻ろうと起き上がったら、目の前に丸まった赤ちゃんがおった。

確か裸やったと思う。

その時初めて人間は本当にびっくりしたら二度見するんやと思ってんけど、二度見したらお供え物の、スイカやった。

ぶわっと昼の川での鳴き声を思い出したけど、オカンの『お盆やからな』の言葉を聞いてたおかげでまた変に納得して寝た。

翌日帰る日。
滅多に会わない孫達の別れに淋しそうなばあちゃん達に後ろ髪惹かれながらも車出発。
楽しかったなーなんて言いながら子供達はすぐに爆睡モード。

途中、例のすごく暗かったトンネルを通った時、足首が冷たくなった。
左だけ。

捻挫かな?とかとぼけた事を考えてたけど気にしないようにしてても、ずっと冷たい。
たまらずオカンに足首冷たいと言う。

「じゃあタオル巻いときと。すぐ治るやろから」との事。
え?そんなけかい。
で我慢したまま寝た。

で、関門海峡でまた飯食って本州に渡り切った頃、足首が冷たく無くなってる事に気付く。
オカンに言うたら、なんか変なん付いてても地元からは離れへんわー笑って簡単にあしらわれたけど、ホッとしたのでまた寝た。

で帰宅翌日。
無事着いたよーとばあちゃん達に電話。
俺が話す時に、こんな体験したって赤ちゃんの話をしたら、ばあちゃんが教えてくれた。

例の川は昔、子洗い場とも呼ばれた洗濯?とか風呂とかに使ってたみたい。
水がすごい綺麗から。

だから、その時に流れてしまった赤ちゃんが、あんたの足首に捕まってたんやろなぁとの事。
んで気づいてくれないから目の前にも出たんじゃ無いかーと。

それを聞いてなるほど納得。
ちょっと切ない気持ちになりながらも冥福を祈った。

でもやっぱりばあちゃんも最後、お盆やからそんな事もあるやろけど、またおいでねって。

なんでもお盆やからってまとめて、いいものなんかな。
やっぱそういうもんなんかな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!