その顔を踏んでいた

小学生の頃に住んでいた家は、親の話では築100年くらい。
とにかく古くて狭くて暗くて汚なかった。
階段付近で変な人影を見たりフワフワを見たりしたけど、余りに日常的だったので怖いともおかしいとも思わなかった。
その階段の下から3段目の木目が、女の人がこっちを睨みつけているようだった。

そう見える、という感じじゃなく、写真みたいにくっきりと、明らかに顔。
気持ち悪いのでその段はいつも飛ばして上がり下りしていた。

あるときそれを母に言ったら、日頃からホラーなんかバカにしている母が「うわあ、本当に顔が写ってる。気持ち悪い。全然気付かずに踏んでたわ。」と驚いていた。
でもその後も普通に踏んで上がり下りしていたようだw

母は当時体調がとても悪く、きっと悪い病気だろうと病院も行かずに寝たり起きたりしていた。
やがて市外に引っ越したんだけど、その後に阪神大震災であの家は全焼。
今は大きなマンションが建っているらしい。

引っ越した翌日に意地悪だった爺さん逝去。
やがて私は底辺校から無理目の大学合格。
妹は底辺校からまさかの大企業に採用。
母はきっと悪い病気だ、もう長くないと言いながら今も元気。
父だけは今も昔もなんにも変化なしw

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!