父も踏ん切りがついた

誰にも言えないのでここで書き込みします。

昔父親が亡くなったときの不思議な話です。
私はこういう話は好きですが霊感はありません。

父はあまり良い死に方をしませんでした。(察してください。)
家族はショックで放心状態。
何とか力をあわせて乗り越えようと必死でした。

数日経って少し落ち着いた頃、母は父を思い出して号泣しました。
その時テレビが付いていたのですが、突然ザーザーっ!と砂嵐になりました。

とても大きな音だったのでみんなで顔を見合わせて固まりました。

5分ほど続いたでしょうか。
その後何事もなかったように番組は進行していたので、テレビ局のミスではなさそうでしたし、我が家のテレビもそれ以降何も起きませんでした。

その後、嫁に出ていた私の元へ度々変な電話が入るようになりました。
それはだいたい夜中でした。

その日も夜泣きした子供をやっと寝かしつけてソファーに座ったのが深夜2時。
何となく電話がなる予感がしました。

やっぱり電話がなりました。
ナンバーディスプレイを見ると『通知不可』。
非通知は見たことありましたが通知不可ははじめてでした。

どきどきしながら受話器を取りました。

サーーーー。
と言う何も喋らないときの機械音のようなノイズのような音が暫く聞こえました。

もしもし?もしもし?

サーーーー。
何度かそれが続き

お父さん?お父さんでしょ?
お父さん!と私が叫ぶと、苦しそうなとても苦しそうな吐息が聞こえました。

その呼吸音が父親に似ている気がしました。
何かを必死に伝えようとしているようでしたが、呻き声にしか聞こえませんでした。
電話それきり掛かってきませんでした。

一年が過ぎ1周忌の明け方夢を見ました。
リアルな夢でした。

私は見たことのない家で親族が集まっているのを見ていました。
母は父のことをみんなに話して泣きじゃくっていました。
親戚はみんな悲しそうに話を聞いていました。

しかし母の隣には父親が沈んだ顔で座っているのです。
項垂れるようにしてとてもくらい顔で・・・。

私は『みんなには見えないんだ。驚かせないようにそっとしておこう』と思い、別の部屋に一人で行きました。
するとそこには父親が後ろ向きで立っていました。

私は前に回り込んで必死に喋りました。

「どーして?どーして。死んだの?なんで?なんでなの?ひどいよひどいよ!」

どうしようもないくらい涙が出てきて父親の胸を叩きながら泣きました。
父はそんな私を表情ひとつ変えずじっと見つめ手で私の涙を拭っていました。

ひとしきり泣いて落ち着くと父は私を抱き上げて窓を開け、「○○、またな。」と言うと手をパッと放しました。
落ちるっと思った時目が覚めました。

涙が止まりませんでした。
多分挨拶に来たんだと思います。
今でも会話の内容も表情もはっきり覚えています。

怖くもない話ですが親が亡くなるって本当にショックなことででも誰でもあることです。
さまよっていた父は踏ん切りをつけてあちらの世界に旅立つ決心を私に伝えに来たのだと思います。

「またな」の言葉を信じて頑張らなきゃとここに書き込んで再び決心しました。

馴れない書き込みで読みにくかったらごめんなさい。
最後まで読んでくださった方ありがとう。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!