死へいざなうデート

茨城の知り合いから聞いた話。

ある日その知り合いが彼女とデートに行く約束をしたそうなんだ。
デートってのも至って普通で、近くの山を車でドライブしながら、どっかで止めてぶらぶらハイキングでもしようって、その日は、じゃあ明日ねって別れた。

で当日待ち合わせ場所まで自慢の愛車を転がしてった。
彼女をサイドシートに乗っけていざ発進。
天気も全く快晴で「よかったね楽しくなるね」なんて話しながら目的の山へ到着。

山って言ってもそんな高いもんじゃないし、普段からよく遊んでるから気楽に降りて散歩してた。

と普段は目もくれない様ななんとか一人通れるような鬱蒼としてるいわゆる獣道に差し掛かった。
もちろんハイキング用の道は隣にあるからそっちに進めば良いわけなんだけども、そのときふと気になって獣道の方を覗いてみた。

なだらかな坂になってるその道の上の方で誰かがこっちに向かって手を振ってる。
うわっと驚いたけれども、これはこの世のものじゃないとすぐ心付いたもんだから知らない振りをしようと決めた。

彼女を肘でつついて「行こう」と声かけた。

すると彼女頷いて「ねぇあれ見たの?私もなんだか気になって行ってみない?」なんて提案してきたもんだから大変。
彼氏の面目として行かなければならない・・・でも怖い。

葛藤してたら彼女が凄い力で手を掴んで引っ張って坂を登りだした。
おいちょっと。

例の方を見て気がついた。
その人、手を振ってるんじゃない。

手の甲をこっちに向けて押すような引くような動作。
機械的なんだけどそれ「おいでおいで」なんだ。

そう気づいたから彼氏「おいあれやばいから戻ろうなあ!」って叫んだ途端、彼女こっちを見ながら歯をむき出してニターッと笑った。

と同時に携帯が鳴った。
なんと着信は彼女からなんだ。

なにかがおかしい・・・。

彼氏は死にものぐるいで腕を振りほどいて車まで走って急発進。
市内まで猛スピードでかっ飛ばして彼女に電話を掛けた。

彼女は怒りながら電話に出てこう言った。

彼女:『ずっと待ち合わせ場所で待ってたんだけど全然来ないじゃない。』

それじゃあずっと一緒にいたあの女はなんだったんだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!