車の中のソレを見てしまった

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

俺が中学生のときの話。

夕方に友達と一緒にジョギングするのが日課だった。
とある日、いつものように友人と走っていると、1台のセダン車が道路脇に停まってたんだ。

ルームランプがついてて運転席に人がいる。
遠目から見て白い服を着ていると思ったが、車に近くなった時それは服じゃないことがわかった。
全身、顔までもを包帯で巻かれた人みたいなのが運転席にいた。
とたんに俺も友達も会話をやめて前を見て全速力で走った。
怖くて脚がフラフラした。

ようやくゴール地点の友達の家の中に駆け込んだ。
あれはマネキンか?などと友達は言っていたがあきらかに違うと思う。

俺は友達の家から帰るのが怖くて、親に電話して迎えを頼んだ。
帰るとき、あの車が停まっていた道を通らないように頼んで違う道を通った。
母ちゃんにはビビりだと笑われた。

しかし目に入ってきた光景に心臓が再び飛び上がった。
ルームランプがついた車が停まっている。
俺は声も出せず、車とすれ違った。

怖くて下を向いていたが、母ちゃんが車を飛ばしはじめ、震えた声で「全身包帯の血だらけの人がいた」と言った。

その日は眠れなくて、布団に頭までもぐって恐怖に耐えた。
母ちゃんが警察に通報するとパトロールを実施してくれたが、それも少しの間だった。
警察も、不審な人物は特にいないと言っていた。

しばらくトラウマだったが社会人になったら、恐怖も薄れてしまった。
23歳になった年、ジョギングしてた友達とは疎遠になっていたが、実家の家電に電話がきて、友達が亡くなった、お通夜にきてほしいと連絡がきた。

死因は高速道路での衝突事故だった。
全身を強く打って即死だったらしい。

俺も母ちゃんも、驚いてなにも言えなかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!