謎の面接通知

会社の一次面接が終わり、くたくたに疲れて帰宅する。

大学4年の秋。
どこかしらから内定を貰わなくては、いよいよまずい。
パソコンを起動してメールをチェックすると、一昨日、就活Webサービスから一斉送信したエントリーシートの結果が、ちらほら返ってきている。
お祈りメールばかりの中、ふと、ひとつのメールが目に止まる。

「最終面接のお知らせ」

はて、最終面接まで進んだ企業などあっただろうか?
どうやら、エントリーシート通過後、すぐさま最終面接へ進む企業のようである。これ幸いと中身も読まずに、面接受諾のメールを返信する。
改めてメール本文を読むと、「明日の二時に訪問いたします、」とだけ書かれている。
最近は企業側から訪ねてくるのか、疲れた頭で考えながら、睡魔に負けて眠りにつく。

はた、と、目が覚めると金縛りにあっている。
落ち着いて時計を横目で確かめる。2時。
部屋のドアがこんこんこん、とノックのような音を立て、ひとりでに、ゆっくりと開いて閉まる。
20分ほど後、再びドアがゆっくりと開いて、閉まり、意識が飛ぶ。

目を開け、明るい部屋を見渡す。
ああ、怖かった。
金縛りなど、どのくらいぶりだったろうか。
ふと、テーブルの上に紙があることに気づく。

「この度は、弊社の(中略)誠に残念ながら(中略)お祈り申し上げます。」

はあ、私は幽霊に面接をしてもらい、見事に「お祈り」されたということか。

...受かっていたら、どうなっていたのだろうか?

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!