黄色い着物を着た命の恩人

そろそろいいかなと思って投下。
都合十年以上かかっているのでかい摘まんで書く。

十年以上前に辞めた会社の倉庫に飾ってた幽霊の掛け軸の体験。

五年以上前に俺が横断歩道の信号待ちをしていたときに車が突っ込んで来る事故に遭った。
なんか車がこっちに来るヤバイ!って思っても動けなくて、その時誰かが俺の腕をおもいっきり車の進行方向から外れるように引っ張ってくれたんだ。

お陰で俺は後ろにあった建物と車のサンドイッチにならずに済んだ。
車体の側面に運悪く当たった足にひびが入っただけ。
不思議なくらい痛みもほとんどなくて、ガソリンの匂いに気付いた俺が逆に運転手を助けに行く状況だった。

救急車に警察呼んで一息ついたときに助けてくれた人にお礼を言おうと探したんだが、野次馬らしき人しかいなくて、俺と一緒に運転手の救出を手伝ってくれた人にも訊いた。
そしたらその人、俺の腕を引っ張っる薄い黄色の着物を着た女の子がいたって言った。
その人も探してくれたんだがその場は見つからなくて、警察の人にも話して、警察の人は事故の詳しい状況を訊くために探しますって言ってくれたんだが、その恩人は結局見つからなかった。

それからさらに数年経ったとき、辞めた会社の社長から突然電話があった。
内容はあの掛け軸が脱走したと。
どうも俺が会社を辞めた後からこの掛け軸が倉庫から時々無くなることがあったそうで・・・。

気が付くと掛け軸が消えて、気が付くと元の場所に戻っているんだとか。
社長も最初は泥棒が盗んだ?と思ったんだが、倉庫にあった他の金目の物は一切被害がないことで、不思議に思いながらも警察を呼んだこともあると。

ただ今回は、そこに掛け軸その物があるが”中身”がいないように社長は感じたらしく、お世話になってる神主さんに相談しに行った。
それでどうやら中身が俺のところに行ってる可能性があると言われて、俺の知人を方々探して連絡して来た。

社長は律儀に掛け軸が消えた日を記録していたそうで、その日付を俺に言ってきた。
その複数ある日の一日に、俺が事故に遭遇した日があった。
あの時は思いもしなかったんだが、もしかしたらあの事故の時に俺を助けた恩人ってのが、あの掛け軸の幽霊なんじゃないかって社長から聞いて思った。
だってあの掛け軸の幽霊画、珍しいことに薄い黄色の着物を着てたから。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!