監視されている空気

須花トンネル(大正)って封印されてしまったんだ。

あそこは穴場中の穴場だったような・・・。
数年前えらい目に遭いました。

この手の話題にはあまり出てこないけど、どうなのだろうと思い行ってみました。

ちなみに自分はそんなに霊感などはないほうだと思っています。

実際行ってみたら洒落にならん。
昼間ですよ、昼間。
しかも寝てはいない、ちゃんと起きていて歩いている自分がトンネルに入ってすぐ4、5メートルのところで金縛りになりました。

トンネルの外は明るく嫌な感じもしないのに中に入った途端に空気がまとわりついてくるとゆうか、トンネル全体に監視されているとゆうかなんとも重く嫌な雰囲気になるんです。

その時は連れが後ろから背中を押してくれた拍子に動けるようになりそのまま反対側まで通り抜けました。

また、車まで戻るのに再びトンネルに入りその重い空気を感じながら進んでいきました。

先ほどの入り口から4,5メートルのところに近づくか近づかないかとゆう時にまた金縛りの予感(空気が襲いかかってくるような)がして、今度は自らダッシュでトンネルを抜けました。

外に出たら嫌な汗が全身にべっとりと出ていました。
ただ、先ほどの嫌な雰囲気はどこにもなくなっていました。

たった4,5メートル先(立っている場所から見える位置)なのに、あそこまで空気が違うとゆうかなんとゆうか、とにかくびびりまくりでした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!