アッシリアの水晶というオーパーツ

アッシリアの水晶レンズは、紀元前7世紀の古代アッシリアの墓から1853年に発見された水晶製のレンズ。
オーパーツの1つに数えられる。

現在は大英博物館に所蔵されている。

このレンズは長さ4.2cm、幅3.45cm、中心部の厚さが0.64cmで、平凸レンズの形状をしている。

その焦点距離は12cm。
発見者のレヤードは「この小片は多くの不透明な青いガラス片の下から出土した。それらのガラスは朽ち果てた木製や象牙製の何かを覆っていた象嵌材の破片と考えられる」と報告している。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!