霊なのか怪物なのか・・・

大学2年の時、一人暮らししていた俺は寝ているときに、腹の上に何かがのしかかってくるようなものを感じた。
耳鳴りが激しく鳴り、身体が動かない。
俺は恐る恐る目を開けた。
俺の顔面から拳2個くらいのところに、「ソレ」がいた。

海草のようにぬめった、黒い毛糸のようなものが人型をなした奇怪なもの。
顔らしき部分には、血走った目が浮き出ていた。

俺は視線をそらすことができなかった。
耳鳴りの中にギチッギィギィという音が聞こえた。

ソイツの口らしき部分が開き、なにかを呟いているように見えた。
俺を呪っているようのか苦しんでいるのか?
俺にその真意は分からない。
とたん、視界が真っ暗になった。

息ができなくなり、胸が苦しい、水の中にいるような、そんな感覚に襲われた。
聴覚は耳鳴りで奪われ、視界は真っ暗、身体は動かず、感じるのは自分の心臓の鼓動だけ。
息も満足にできなくなった、上も下も分からず、なのに沈んでいく感覚がした。
俺は室内に居ながら、溺死しそうになっていた。
いくら沈んでも、どんなに沈んでも、底がない、そんな感覚。

途中、突然、ふわっと身体が浮かんだように感じた。
プールからプールサイドに上がる感覚みたいな感じといったらいいかもしれない。
解放されるように身体にかかっていた圧力がなくなり、消えた。

俺の感覚が戻ってきた。

目は閉じているのか、真っ暗だが、徐々に身体が五感を取り戻していく。
布団を背中に感じた。耳鳴りも遠くなっていった。
息苦しさも無くなった。
心臓はまだバクバク言っているけれど。

俺はゆっくりと目を開けた。
ソイツはまだ俺の上に居座っていた。
けれども重さは感じなかった。

赤く充血した目で、俺を憎らしそうに、口元を動かしながらじっと俺を睨んでいた。

何分か何時間か、どのくらい時間が経ったか分からない。
ソレはすうっと薄くなり、消えていった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!