そんな風に死にたくはない

今から、10年以上前の話。

俺の家は長屋で、隣に40才位のおっさんが、独りで住んでいた。
小学校が夏休みに入ったころ、家の周りに、ひどい悪臭がするようになった。
おっさんが亡くなって、腐り、蛆だらけで発見された。

それから、すぐに、おっさんの幽霊がでるとか、見たとか、噂が立つようになった。
俺の親なんかは、一笑に付していたが、俺は半信半疑だった。

そんな、ある晩。
俺は寝ていたので夜中だったのだが、表で「ギャーッ」と悲鳴が聞こえた。
その声に、最初に反応して、窓を開けたのは、俺の斜め向かいの家、つまり、おっさんの向かいの家だった訳だが、開けて見たおばさんも、顔面蒼白で悲鳴をあげた。

街灯に照らされた、おっさんの家の窓に、おっさんの顔が、はっきりと映っていた。
俺の父親も飛び起きて出ていったが、それを見て固まっていた。
母親と俺に「来るな!」と言った。
表の男性は、尻餅ついて、震えていた。

父親が、悲しげな顔をして、「ほおか、さびしかったんか、辛かったんか」と言った。

父親の目から涙が出ていた。
なんか、緊張感がとける感じがした。
おっさんの顔は消えていた。

その後、幽霊話しは聞かなくなったが、借手が付く事はなかった。
今は、俺の家共々、取り壊され、分譲住宅に変わっている。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!