死にそうになって、救われる

山仲間の話。

一人で山奥の野原を歩いていると、送電用の鉄塔が近付いてきた。

「おや?鉄塔に誰かが登っているみたいだ。」

目を凝らすと、小さな女の子が高い所にしがみ付いているのが見えた。

『下りられなくなったのかな』などと考えながら鉄塔に向かう。

直ぐ下まで来ると、小さくしゃくり上げる泣き声が聞こえてきた。

「どうしたの?下りられなくなったの?」

そう声を掛けると、小さな頭がコクンと頷く。

毛糸の上着に小綺麗なスカート。
白い靴下が履いているのは赤い靴らしい。

凡そ山に登る格好ではなかったが、その時はあまり不思議にも思わなかった。

「今そこへ行くから、動くんじゃないぞ」

荷物を下ろしながら言う彼に、少女は嬉しそうにホットした笑みを浮かべた。

『見るところ人間返しの棘輪より先には、流石に上れなかったみたいだな。しかしこんな小さな子が、どうやってあそこまで上ったんだろう』

鉄骨を上りながら、段々とそんな疑問が頭をもたげてきた。
もう少しで少女のいる段に手が届きそうな所まで来た時、下から叫ぶ声がした。

「あぶない!」

えっ!?

地面を見下ろすと、すぐ上にいる筈の少女がそこに居た。
泣きそうな顔で、彼を引き留めるかのように手を伸ばして。

何処かでパンと乾いた音が聞こえ、頭上で硬い音が響く。

チン!チン!チン!

何か熱い物が、幾つか頬を掠めて落ちていった。

続いて「あっ!?」と慌てたような声が聞こえた。

鉄面に付いたばかりの傷を見た。
弾痕だ。
禁猟区だというのに、入り込んでブッ放した非常識が居るらしい。

「おわぁ!?」

遅ればせながら悲鳴が出た。
慌てて鉄塔にしがみ付く。

あっあの女の子は!?
必死で上を見上げると、そこには誰も居なかった。

混乱しながらも、滑落しないよう注意しながら下りることにした。

無事地上に着いて、腰が抜けたようにへたり込んでしまう。
散弾を撃った輩は逃げ出したものか、ついに姿を見せることはなかった。

しばらく待って息を整えてから、やっとの事で顔を上げてみた。
鉄塔の反対側の脚の方に、佇む小さな二つの人影があった。

上から下まで、まったく同じ格好をした、双子のような女の子。
一方は、残念そうに口元を歪めて苦笑いをしていた。

そしてもう一方は、泣きそうな顔で手を振っていた。
早くここから去れとでもいうような、そんな仕草だったという。

声を掛けようとすると、二人とも空気に溶けるように消えてしまった。

『・・・何かが自分を危ない目に遭わせ、別の何かがそれを救った?・・・』

そこまで考えてから、走るようにして逃げ出したという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!